夢の魅惑

ただの雑記ブログのようだ

フィンランド旅行記 ロヴァニエミ編 その3

P1010315

ロヴァニエミへの空旅、オーロラツアーを経て、長い長い大晦日から新年を迎えました。旅行2日目はロヴァニエミ最大(?)の観光地サンタクロース村に向かいます。

その1のトップに出てきたここです。

 

この記事はその2の続きになります。

フィンランド旅行記 ロヴァニエミ編 その2 - 夢の魅惑

最初から読みたい方は、その1からどうぞ。

フィンランド旅行記 ロヴァニエミ編 その1 - 夢の魅惑

 

旅行スケジュール

1日目 関空→ロヴァニエミ、オーロラツアー 

2日目 ロヴァニエミ観光、オーロラツアー ←いまここ

3日目 ロヴァニエミ観光、夜行列車でヘルシンキ

4日目 朝にヘルシンキ到着、ヘルシンキ観光

5日目 ヘルシンキ観光、ヘルシンキ関空

 

 

旅行2日目の朝はホテルのバイキングでスタート。ハムと野菜、パンがメインでそれぞれ6、7種類ぐらい置いてました。豚、鶏、サラミとかハムの種類が多くて、どれもおいしかったです。しかも食べ放題。特に鶏のハムが気に入って、何枚も頂きました。

パンも種類が多かったけど、違いはわかりませんでした。日本のパンよりシンプルなものが多かったです。ちゃんとトースターもありました。

IMG_20170101_163354

ケータイ写真で撮った朝食。とりあえず全種類のハムは食べました。

 

出発したのは10時半くらい。昨日の疲れもあって少し遅めの出発。

P1010191

まだ少し暗いです。マクドナルドがあることに謎の安心感を覚えます。

 

サンタクロース村へはバスで移動。運よくホテルから5分くらい歩いた所にバス停があり8番のバスに乗り込む。所要時間は覚えてないですが、ガイドブックでは市街地から30分くらいとのこと。

バスは片道3.9€、往復7.2€なので往復を買った方がお得です。片道券はONE WAY TICKET、往復券はRETURN TICKETです。確か運賃先払い。バスの時刻表が載っているサイトにVISA等のロゴがあったので、クレジットカードも使えるのかもしれません。

 

バスは空港を通り過ぎ、サンタパークという似た名前のスポットを過ぎてサンタクロース村に到着。降りてすぐ正面にインフォメーションやショップが入った大きな建物があります。

建物内には北極圏の境界があり、またぐことが出来ます。

SDIM2021

白い線の向こう側が北極圏です。

 

北極圏と聞くと恐ろしく寒いと思ってたけど、この日は-7度でした。

敷地内にはサンタオフィスなるものがあり、サンタさんと記念撮影できます。サンタさんが絵に描いたようなサンタさんでテンション上がります。

敷地内には、その他お土産のショップやレストラン、マリメッコイッタラのアウトレットが並んでいました。ショップを一通り回ったのですが、建物内外の装飾にはまだクリスマスムードが残っていて、歩きながら写真を撮ってるだけでも楽しかったです。

SDIM2026

ショップが並ぶ屋内。素敵です。

 

SDIM2034

よくガイドブックとかで見掛ける建物。この中でサンタさんに会えます。

 

P1010295

村のすぐ横は森です。

行った日の前はあまり雪が降っていなかったのか、外を歩くのにあまり苦労はしませんでした。

 

SDIM2069

もちろんトナカイもいます。ソリに乗れます。

 

SDIM2085

4時にはもう真っ暗です。イルミネーションが引き立ちます。

 

ショップ巡り→カフェで休憩→ショップ巡りをしていたら、けっこう遅くなってしまったので、はやめの夕食をとって帰ることに。

サンタクロース村内にあるレストランに入ったのですが、最初は人が少なくて不安になりましたが、真ん中に暖炉みたいな所で薪を炊いていていい雰囲気の店でした。

IMG_20170101_232018

IMG_20170101_232028

それっぽいものが食べたかったので、トナカイ肉のソテーとサーモンスープ、魚のベリーソース添え etc...を注文。トナカイ肉はちょっとクセがあるかもですが、ジューシーでうまい。そしてサーモンスープが絶品。クリーミーで濃すぎず、サーモンの味もしっかりいい感じでする、あれはほんまにまた食べたい。

 

夕食を食べて帰ることにしましたが、サンタクロース村からの最終バスは早いです。この日は確か17:05が最後でそれに乗って市街地まで帰ったと思います。

心配なのでレストランの店員さんにバスの時間を聞きましたが、「それはわからないけど、料理のことらなわかるよ」みたいな答えが返ってきました。その受け答えがなんか全然いやらしい感じがなくて、海外っぽいとか思いました。

そしてこれを受けて奥さんがインフォメーションまで確認しに行ってくれました。

 

食事の終わりかけに店員さんが席に来て何かを説明された。英語は全然わかりませんでしたが、ラストオーダーかな?と思って「ノーセンキュー」と返しましたが、どうやら違うらしく、さらに説明は続く。途中で奥さんが精算であることに気付いて慌ててクレジットで払いました。おそらく店がもうすぐ閉まるから、レジをしめたかったのかと。

レストランを後にし、バスで市街地まで移動しホテルに帰りました。

 

 

その3はこれで終わりです。

読んで下さりありがとうございました。

旅行2日目の後半はオーロラツアー第二弾。アイスホテルなるものに行きました。

その4に続く。

 

つづき→フィンランド旅行記 ロヴァニエミ編 その4 - 夢の魅惑