夢の魅惑

ただの雑記ブログのようだ

フィンランド旅行記 ロヴァニエミ編 その4

サンタクロース村での観光と食事を堪能した僕たちは最終のバスでホテルに戻りました。続いては2回目のオーロラツアーです。

 

この記事はその3の続きです。

フィンランド旅行記 ロヴァニエミ編 その3 - 夢の魅惑

初めから読みたい方はその1からどうぞ。

フィンランド旅行記 ロヴァニエミ編 その1 - 夢の魅惑

 

旅行スケジュール

1日目 関空→ロヴァニエミ、オーロラツアー 

2日目 ロヴァニエミ観光、オーロラツアー ←いまここ

3日目 ロヴァニエミ観光、夜行列車でヘルシンキ

4日目 朝にヘルシンキ到着、ヘルシンキ観光

5日目 ヘルシンキ観光、ヘルシンキ関空
 

 

ホテルに一旦戻った僕たちはこの後に控えるオーロラツアーまでちょっと休憩。

今更ですが、泊まったホテルについて書いておきます。泊まった部屋はツインで、めっちゃ広いとは言えませんが、2人でゆったりするには十分の広さ。ビジネスホテルの様なデスクと椅子、別に丸いテーブルと椅子が置かれていました。アメニティの詳細は覚えていませんが、タオルが用意されていて感動。ドライヤーもあったと思います。スリッパは置かれていませんでしたが、簡易のものを持って行っていたので無問題。

P1020345

部屋のベッド。毛布の刺繍がかわいらしい。

 

清掃も行き届いており、トイレ・浴室もキレイでした。バスタブはありませんでしたが、ちゃんとシャワーからお湯が出ました!(当たり前?)

事前にネット調べた感じだと”ホテル内は暖房きき過ぎて暑い”とよく見かけましたが、日本の暖房と同程度の温度だったと思います。セーターを着た状態でちょうどいい。

ですがけっこう乾燥していたので、喉が弱い方は要注意です。僕は行く前から体調が微妙だったのでマスクをしていました。もちろん寒いので外も乾燥してます。フィンランドには日本のようなマスクは売っていませんので(現地の人が言ってました)、心配な方は荷物にならないので持って行った方がいいと思います。

Wi-Fiも繋がり、現地での情報収集の際に役立ちました。

フィンランドのホテルにはサウナが設置されているとこが多いようで、泊まったホテルにもありました。密かに楽しみにしていたのですが1回も入りませんでした。観光を終えて帰って来たら即爆睡です。

 

この時もちょっと休憩のつもりが、がっつり寝てしまいました。

なんとか起きて準備を整え、2回目のオーロラツアーへ。前日とは異なるツアーを予約しており、郊外にあるアイスホテルに行って横にある湖の上で観測できるというものでした。

2回目のツアーは英語での案内と予約したときに書いてあったので、どきどきしながら21時に集合場所へ。昨日のツアーと同じホテルに集合だったので、色んなツアーの拠点となっているのかもしれません。

 ホテルの前には既にバスが停まっていて、オーロラツアーみたいな表記があったので前に立っているお兄さんに話かけてみる。名簿みたいなのを確認しながら名前を聞かれたような。

合っていたみたいでバスに乗り込む。しばらくすると特にアナウンスもなくバスが出発。え、大丈夫なんかな。とか思いつつ20~30分後アイスホテルに到着。

 

アイスホテルという名前ですが、横にガラスイグルーっぽい建物も並んでいました。部屋でゆっくりしながらオーロラ見れるやつです。

バスが現地に着くと日本人のガイドさん登場。やったー。

 

今回のオーロラツアーのいいところは、アイスホテルの中を見れることです。しかも英語と思ったら日本人ガイドさんも同行!一旦レストランみたいな建物内で待機。真ん中で薪をたいていて暖かい。

しばらく待つとガイドさんと共にぞろぞろとアイスホテルの中へ。

 

P1020451

アイスホテルの入口。

アイスホテルはその名の通り雪と氷でできたホテルで、中は-5℃くらいらしい。室内とは思えない温度ですが、2月は外気温が-30℃になることもあるので、それに比べたら暖かいとのこと。。。まぁムードとか珍しさ重視ですし。

ぐるっと1周しましたが、けっこう広い。全部雪と氷でできてるとは思えないです。ぼーっと歩いていると迷子になります。各部屋で内装が異なっていて凝ってます。でもムードはあるのでしょうが、いかんせん寒そう感がすごかったです。笑

SDIM2105

寒そうと暖かそうの共存。

 

客室以外も見ることができ、営業は終わってましたがちゃんとレストランもありました。アイスチャペルなるものもあり、式を挙げれます。もちろん全部雪と氷でできていて、その発想がすごいです。

アイスバーもあって、ぎりぎり営業していたので一杯頂きました。なんとグラスが氷でできていて、お酒がぬるくなりません!口を付けたところが少しずつ減っていきます。

SDIM2120

このグラスで頂くベイリーズ(ストレート)は格別。

 

アイスホテルの見学を終えて肝心のオーロラ観測へ。ですがこの日はあいにくの曇り。凍った湖の上で脚立を立てて待っていましたが、2回目の生オーロラは見れませんでした。

今回のツアーでも暖かい室内で待機もできますし、飲みものも貰えます。珍しい(?)白いトナカイもいました。

オーロラ観測以外も盛りだくさんなツアーでしたので、見れなかった悲しさも緩和されます。時間になるとバスで市街地まで帰って解散。

 

ホテルに戻ると小腹が減っていたので、年越し用に持って行ってたカップそばを食べました。フロントで「ホットウォーターください」と訪ねたら、「すぐそこにコーヒーメーカーがあって、お湯も出るからどうぞ」とのこと。ありがとうございます。

カップそばはフィンランドでも安定の美味しさを誇っていました。

 

 

その4はこれで終わりです。

読んで下さった方ありがとうございました。

次は旅行3日目。ロヴァニエミ市街地の観光&犬ぞり体験です。

その5へ続く。

 

つづき→フィンランド旅行記 ロヴァニエミ編 その5 - 夢の魅惑